検索

イノシシ vs. スーパーサイヤ人

それぞれの物語、それぞれの人が違う。時には雑多。でも、カラフルで、ミスマッチで、美しい。


-ドナ・バーバ・イゲラ


最近の森のようちえんのセッションは、おなじみの顔ぶれと新しいお友達でいっぱいでした。この日は2人の新しい子どもたちが参加して、森でのおふざけを楽しみました。この日の大半は、釣り竿を鍛え、小枝を彫って釣り針にし、池で手の届かないところに泳いでいる魚を捕まえようとしました。


このセッションの大部分は、想像力豊かな遊びに費やされました。ある女の子は庭の物を馬に見立て、他の女の子はイノシシやクマ、そしてスーパーサイヤ人になりきって芝生の上で集団バトルをしました。イノシシやクマなどの野生動物に出会う可能性も、私たちのプレイスケープの一部です。子どもたちは、このような想像力豊かな遊びを通して、不安を解消している部分もあるのではないでしょうか。


このような乱暴な遊びは、最近ではあまり見かけなくなりました。一歩下がって観察し、やめさせようとする気持ちを抑えることで、子どもたちの笑顔や、集団遊びに深く関わる姿が見えてきます。このような遊びは、他者との遊びの中で適切な力加減を学び、相手の感情を読み取る力を養うために重要です。また、やりすぎてしまった場合でも、その遊びのどこが嫌だったのかを話し合うことで、次回以降の遊びを調整することができます。


"子どもたちがレスリングやラフネスをするのは、自分の体力を試すため、楽しむため、そして自分の攻撃性をコントロールするためである。"


-ーローレンス・J・コーエン


セッションの様子を動画と写真でご紹介します。






また、6月4日の素晴らしい日曜日には、新庄のエコロジー・ガーデンで、地元の森の素材を使った楽しいネックレスやその他のクラフトを作るマーケットに参加しました。子どもたちの集中力にはいつも驚かされます。ちひろさんのすぐ隣にテントを張ったので、子どもたちは自分の作品に色を塗ることができ、世界にひとつだけの作品を作ることができました。また、2歳の子どもたちにもノコギリやナイフを使う機会を提供し、指導を行いました。今後もこのようなマーケットに参加し、子どもたちと一緒にワークショップを体験していきたいと思っています。


ハイライトをもう一度ご紹介します。




閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示