検索

子どもたちはどこへ行ったのだろう?

私たちの不安や心配は、"未来に心配がないように"という要求によって形作られているように思います(特に西洋では)。しかし、もちろん私たちはそのような保証を得ることはできません。未来はペンを持ってそこに座り、特定の契約書にサインすることを拒否しているのです。東洋哲学やスピリチュアリティの影響を強く受けたイギリスの哲学者、アラン・ワッツは、"未来は本質的に未知であること"を私たちに気づかせてくれます。「もし......私たちが確実な未来なしに幸福に生きることができないとしたら、どんなに良い計画を持ってしても事故が起こり、最後に死が訪れる有限の世界で生きることに適応していないことは確かである。」 つまり、幸せになる為に未来へ苦しみがないことを求めると、幸せになれないということです。それは、海を航海する前に、海を完全に静止させることを要求するようなものです。
マット・ヘイグ



若い保護者たちの間で、親の見守りが無い状態で子供が外で遊べないようにする傾向が強まっているようです。実際私の住む田舎町でも、大人が常に監視していない屋外で自由に遊ぶ子どもたちの姿を見ることは、ますます少なくなってきています。最近の調査では、この減少が著しいことが指摘されています。監視のない遊びの平均年齢は上昇傾向にあるとともに、多くの子どもたちがリスクを冒すようになる平均年齢は、子ども時代の後半から始まっているのです。ですが、リスクのない子供時代は、大人になってからの判断力の低下や、自信のなさなどにつながることが研究によりわかっています。



屋内で厳しく管理された環境で過ごさせたいという意向・傾向は、学校や放課後での活動が子どもたちの生活に入り込んでいることと関係があります。不必要な宿題や、スポーツ大会や課外活動のための練習のために、屋外で過ごす余分な時間がない子供もいるのです。学業が子ども時代を侵食することで、子どもたちは忙しすぎて子どもらしくないのです。多くの子どもたちは、平均的な大人よりも多くの課題に囲まれています。子供でいることは大変なことなのです。



しかし、子供を家に入れないという傾向の一因は、恐怖心からきています。多くの新米親にとって、すべてが危険なものに思えるのです。子どもたちが屋外で遊ぶとき、審判役の大人が子どもたちの行動を大人として許容できる危険のレベルまで抑制していない光景はめったに見られません。「危ないからやめなさい!」「危険だからやめなさい!」などの声がけ、そして子供が不適切と思われるものに触れたり、探索したり、体験したりするのを慌てて止める親。親の役割は、供給者や指導者から、"適切な行動"の唯一の決定者に変わったかのようです。欧米では、このような親を「ヘリコプター・ペアレンツ」と呼ぶことがあります。この言葉は、褒め言葉ではなく、むしろ蔑称です。


このような親の"屋外を嫌って支配を好む傾向"は、必ずしも何世紀もかけて形成されたものではありません。むしろ、あまりにも急速に進んだため、私の世代の多くの人は、最近の若者が大人の関与なしに体験できることがいかに少ないかにショックを受けているかもしれません。室内での甘やかしが増えたのは、メディアが発達し、奇跡とも足かせとも呼べるテクノロジーからのインプットがいたるところで見られるようになったことと、むしろ好都合に一致しています。見知らぬ人からの危険、子供が水路に消える、交通事故に遭う、無意味な銃撃で殺される、暑い日に車の中に忘れられるなど、尽きることのない恐怖物語まで、不安を掻き立てられることなく一日を過ごす親はほとんどいないでしょう。愛する人に起こりうる最悪の事態を耳にした後、時には大惨事を引き起こし、コントロールしようとし、介入しようとするのは当然のことです。子供にとってそれは、もう川で遊んではいけない、知らない人とは話してはいけない、大人の命令には必ず従わなければいけないということです。しかし実際には、子どもたちが直面する危険はそれほど顕著ではなく、このような特殊な事故はまれなことなのです。メディアは事件を衝撃的に伝え、大人の感情を子どもの自由と対立させています。学校や学校関係者は、「このままでは子どもが人生を棒に振る」と保護者に不安感を抱かせます。おそらく、今日の感情的な時代思潮は、不安と心配によって特徴づけられているのでしょう。


昔から「知らぬが仏」という言葉がありますが、統計的にありえない悲劇的な結末が私たちに降りかかることを知らなければ、自分の人生を深い喜びと意味を持って生きるだけでなく、他人の人生に介入する衝動を抑えることが容易になるのかもしれません。 

ニュースを消し、必要な時以外はスマートフォンをしまい、目の前のことに集中すべきかもしれない。だがもし、これがすべての親の心配の解決策にならないのであれば、統計が役に立つかもしれない。 制限の多い子供時代、ストレスを多く与えてしまう管理体制、リスクを避けるような子育て、これらすべてが子供にとって悪い結果をもたらす一方で、自由な遊びはほとんど常に利益をもたらします。子どもにとって、自分の人生を自分でコントロールすることほど素晴らしいことはありません。


少し前の1979年、6歳になると、近所の店や学校、遊び場、友達の家まで一人で行けるかどうかが一つの節目でした。今では、大人の監視なしに一歩外に出て、ましてや周囲を探索することを任される6歳児はほとんどいません。私が勤める学校では、子どもたちは学校外での行動を制限するような特定のルールに「同意」(強制的に同意させること)することさえ義務づけられています。自転車では遠くまでしか行けないし、ある年齢までしか行けません。バスを使わなければならず、何時間勉強しなければならないとか、特定の方法で勉強しなければならないとか、見知らぬ人と接することは許されません。このように、行動一つひとつが評価される学校環境に何時間もいると、家に帰っても心が安らぐことはありません。学校という環境の厳しいルールに、学校の外でも同じように厳しいルールが課せられる。これまで何百人もの子どもたちにこの制限について尋ねてきましたが、肯定的な回答をした子どもは一人もいませんでした。



子どもたちが危険な遊びに興じる姿を見ることで、私たちが思っている以上に子どもたちは有能であることに気づかされます。幼い子どもたちでさえ、チャンスを与えられれば、リスクを管理し、自分の限界を見極める能力をはっきりと示してくれるのです。私たちはただ、目を見開いて、目の前にあるものを見ようとするだけでいいのです。そして、最も重要なことは、子どもたちが自分で実験する機会を与えるために、邪魔をしないことです。学ぶことの可能性は非常に大きいのです。
-ブリティッシュコロンビア大学小児科准教授 マリアナ・ブルッソーニ氏


さて、私は自分が説いたことを実践しなければ、誠実な幼児教育家とは言えません。そして、私は逸話的にしか話すことができません。たとえば、我が家では定期的に子供たち(6歳と3歳)を監視なしで外で遊ばせています。するとどうでしょう。家庭菜園で掘り返してほしくないところが掘り返されていることがあり、ちょっとイライラします。我が家の玄関にはおもちゃや自転車、その日の実験の残骸がいつも散乱しており、虫かごの中にはやる気のない虫たちが入っていて、すぐにまた検査が始まります。子供たちは、実験や勉強のために、家から300メートルほど離れたところに、スカンクやカエルなどの生き物を探しに散歩に行ったこともあります。


転んだり切ったりして、包帯をもらいに家に帰ってくることもあります。道路に地震計を設置する地盤調査員と話すために、通りの向こう側に行った長男を、村の警察官が家に連れてきてくれたこともあります。というのも、長男は道路に地震計を設置する地盤調査員と話すために道路を横断したからです。そして、彼が見知らぬ人に近づき、興味のあることについて尋ねることができるほど自分に自信を持っていることを、私自身誇りに思っています。私は、子どもは常に見知らぬ人に話しかけられるようになるべきであり、決して一緒に出かけてはいけないと思います。


私にとっても、こうした冒険には不安がつきものです。時々彼らは境界線を踏み外し、私たちが踏み込まなければならないようなことをするのです。でもたいていの場合、屋外での子どもたちは互いに友好的です。そして、よりクリエイティブな遊びをするようになります。より強い絆で結ばれ、冒険の物語をたくさん持って帰ってくるのです。 私たちのやり方を批判する親もいることでしょう。しかし、私たちの子どもたちはこの経験によって強くなり、勇敢になり、不規則な切り傷や擦り傷、悪天候、暑さや寒さ、その他の感覚的な注力に対してより耐性があるように見えることは事実です。また、彼らは私たちを巻き込むことなく、すべての問題を屋外で解決する傾向があります。むしろ親が監視しない分、夕食の前に手と足を洗えば、自由に遊ぶことができるのです。


でも、私が本当に望んでいることは何でしょう?私はただ、より多くの親に私と同じようなスタンスでいてほしいです。なぜなら、子どもたちが一緒にいるときこそ、遊びの本当の魔法が起こるからです。子どもたちは、年齢も能力も異なる人たちと交流することで、本当の意味で学ぶことができるのです。子どもたちは、学校や親から学ぶよりも、仲間から学ぶことのほうがはるかに多いのです。また、長男は何度も外に出て冒険しているにもかかわらず、自分だけしかいないことに不満を抱いて帰ってくることがよくあります。子供にとって、世界は一人では楽しめないのです。


40年も前の子供たちは、丸一日、親元を離れて冒険し、密かな情事を楽しむことができたのです。子どもたちは、自分らしくいる機会と空間を与えられるだけで、たくましさや責任感、他人との接し方などを学んだのです。ですが今、彼らは友達と一緒にいる機会をほとんど与えられていません。大人から課せられた仕事をすべて終えるころには、夕食、お風呂、そして寝る時間になっているのです。


私たちはどこから手を放し、もっと成長させることができるのでしょう?


まずは、子どもたちを信頼することから始めませんか?また、子どもたちがよく考えて冒険していることを確認するために質問をすることで、私たちの不安は解消されるかもしれません。時には、子どもの答えを聞いて驚くこともあります。多くの子どもたちは、私たちが思っているよりもずっと思慮深いのです。


また、子どもたちに何か挑戦してみたいことはないかと聞いてみるのもいい方法です。先日、上の子が弟を連れて近くのコンビニにお菓子を買いに行くのを許可しました。まさか末っ子が雨の中、裸足で行くとは思いませんでしたが、二人が無事に信号を渡り、お店まで行き、お菓子を買って帰ってくるのを遠くから見ていました。長男は次男に危害が及ばないよう、道案内までしてくれました。その結果、どうなったか?長男は達成感を味わい、兄弟間の絆が深まりました。


外で思い思いの冒険をする自由がない今の子どもたちが、ゲームの中の生活や冒険を好むのは当然のことかもしれません。


考えてみれば、子どもたちが自由に冒険できる唯一の場所なのです。


バーチャルな世界に浸り、スクリーンの前にいる子どもは、現実の世界から物理的にほとんど影響を受けないので、親もこのような環境を好むのでしょう。また最近、ビデオゲームが特に子どもにとって認知的に良い影響を与えることが示されていますが、それは生活のシミュレーションとしては不十分です。画面の前にいる時間は、身体的活動や他の人間との活発な談話から遠ざかる時間なのです。


さらに、この子どもたちの一時的なオアシスでさえも、大人たちの恐怖や不安から常に脅かされているのです。子どもたちは、生活の中に自由を求め、自分の選択をコントロールしたいと思っています。その選択肢を屋外で奪い、今度は屋内で侵食しているのです。このような厳しい監視がどのような結果をもたらすかは分かりませんが、生涯にわたって評価され続けることは、ストレスや不安、自信の喪失につながるに違いありません。


私たち大人は、子どもの選択を評価、自己判断しないよう、一歩踏み出す努力をしなければなりません。なぜなら、子どもたちはいつか必ず、私たちにも影響を与えるような選択をするようになるからです。しかし今は、一瞬一瞬がその子に影響を与える子ども時代、私たちはただ観察者としてその旅を楽しむのが一番かもしれません。子どもたちがどんな人間で、何を愛し、何に生きがいを感じているのかを知るには、子どもたちの遊びを観察するのがいちばんです。


それでは、10月のセッションとキャンプのメディアをご紹介します。












Where have all the children gone?


Our anxieties and insecurities, particularly it seems in the West, are shaped by our demand that the future be free from worry. But of course we can’t ever have such assurance. The future sits there with pen in hand, refusing to sign that particular contract. Alan Watts, a British philosopher heavily influenced by Eastern philosophy and spirituality, reminded us that the future is inherently unknown. “If . . . we cannot live happily without an assured future, we are certainly not adapted to living in a finite world where, despite the best plans, accidents will happen, and where death comes at the end.” So, in other words, if we demand the future be free from suffering in order to be happy, we can’t be happy. It is like demanding the sea be entirely still before we sail on it.
Matt Haig


It seems like there is a growing trend among young parents preventing their children from playing unsupervised outside. In fact, it’s increasingly rare, even in the rural community I live in, to see children playing freely outdoors without constant surveillance by adults. Recent research suggests this decline is precipitous. The average age for unsupervised play is on the rise, and because of this the average age that most children start to take risks is starting later in their childhood. We know from research that a risk-free childhood leads to poor judgment in adulthood, and a lack of self-confidence among other things.

Some of this preference for highly supervised indoor time has to do with the intrusion of school, and after school activities in the lives of children. Between hours of unnecessary homework, and practice for sporting events/extracurricular activities, some children simply don’t have extra time to be outdoors. As academia further encroaches on childhood, children are simply too busy to be children. Many are encumbered by more tasks than the average adult. It’s hard work to be a kid these days.

However, part of this trend to keep kids indoors stems from fear. For many new parents, everything seems dangerous. It’s a rare thing to watch children playing outdoors without a referee adult reigning in their activities toward adult-acceptable levels of risk. From the frantic, “stop that! That’s dangerous!” to the parents who rush to stop children from touching, exploring, or experiencing anything deemed inappropriate, it seems as though the role of parent has changed from provider and mentor, to the sole arbiter of proper behavior. In the West, these parents have often been referred to as Helicopter Parents. This term is more pejorative than it is a compliment.


This tendency to favor control with an aversion to the outdoors isn’t necessarily something that’s taken centuries to develop. If anything, it’s happened so rapidly that it may be a shock for many in my generation how little the youth today get to experience without adult involvement. This increase in coddling indoors has coincided rather conveniently with the rise of media availability, and the ubiquity of inputs from technologies we can simultaneously call miracles, and shackles. From stranger danger, to the never-ending horror stories about children disappearing into waterways, being hit by traffic, killed in senseless shootings, forgotten in vehicles on hot days, there are few days parents that live a day without their anxieties being stoked. It’s only natural, after hearing about the worst that can happen to your loved ones, to sometimes catastrophize, seek control, and try to intervene. For kids that means no more playing by the river, never talking to strangers, and always obeying the orders of adults. But in reality, the dangers facing children aren’t that pronounced, and these particular accidents are rare. Media sensationalizes events, and turns the emotions of adults against the freedoms of children. Schools and school officials engender a sense of restlessness in parents by suggesting that their children will fail in life if they don’t fall in line. Perhaps the emotional zeitgeist of our contemporary epoch is marked by anxiety and worry.


There’s an age old saying that ignorance is bliss. And, maybe knowing less of all the statistically improbable tragic ends that can befall us would make it easier for us to not only live or own lives with deep joy and meaning, but to resist the urge to insert ourselves into the lives of others. Perhaps we ought to turn off the news, stow our smartphones away for all but the most necessary of needs, and focus on our immediate circumstances. And if this isn’t an anodyne to all parents worry then perhaps statistics can be helpful, most of them point towards nearly all our fears being unreasonable. Restrictive childhoods, stressful levels of control, and risk-averse parenting all lead to poor outcomes for children, whereas unrestricted free-play almost always has benefits. There are few better things to give a child than control over their own life.


Not so long ago, in 1979, one of the milestones of being a 6 year old was whether or not you could travel alone in a neighborhood to the store, school, playground, or to a friend's home. Now, few six year olds are trusted to step outside without adult supervision, much less explore their surroundings. In the school I work at, children are even meant to create “agreements” (read, forced to agree), to particular rules that inhibit their movement outside of school. They can only go so far by bike, and only at a certain age. They have to use the bus. They’re meant to study for so many hours, and in particular ways. They’re not allowed to interact with strangers. Indeed, after hours being in a school environment where every action is judged, they find no solace at home. The harsh rules of the school environment are matched with equal harsh rules outside of school. Of the hundreds of children I have asked about these restrictions, not a single child has ever had a positive response.

Seeing children engaged in risky play helps us realize that they’re much more capable than we think. When they’re given the chance, even very young children show clear abilities to manage risks and figure out their own limits. We just have to open our eyes and be willing to see what is in front of us. And most importantly, get out of the way to give them a chance to experiment for themselves. The potential for learning is enormous.
-Mariana Brussoni, Associate Professor of Pediatrics, University of British Columbia

Now, I wouldn’t be a faithful early childhood practitioner if I didn’t practice what I preached. And, I can only speak anecdotally. But in our household we regularly let our children (6 years old and 3 years old) play outside together without supervision. And, what has happened? Occasionally parts of my vegetable garden I’d prefer not dug up are, and I get a bit frustrated. Our house's entrance is generally always strewn about with toys, bicycles, and the aftermath of that day’s experiment. Numerous bug boxes are filled with unwilling occupants, soon to be subjected to yet another round of inspections. Together, our children have taken walks 300 meters away from our home in search of skinks, frogs, and other critters for their experiments and learning.


Occasionally one of our children comes inside asking for a bandage, having fallen down, or cut themselves on one object or another. Once, we even had a village police officer bring our oldest home: he’d gone across the street to talk to a ground survey crew that was placing seismometers along roadways. To be fair, he has successfully crossed streets without incident, obeys streetlights and traffic laws, and is generally aware of the dangers of the road. And, I personally am proud that he’s confident enough to approach a stranger and ask about something he’s interested in. I think kids should always be able to talk to strangers, they should never go off with them. For me, some of these adventures come with anxiety. Occasionally they step out of bounds, and do things that require us to step in. But, for the most part, outdoors the kids are more amicable to each other. They’re more creative in their play. They bond more strongly, and come back with ample stories of their adventures. I am sure some parents will probably judge our approach. But the fact remains that our kids seem stronger for the experience, braver, and definitely more resilient to things like the random cut and scrape, as well as inclement weather, hot and cold, and other sensory inputs. They also tend to address all of their problems outdoors, without calling us into the fray. If anything, as parents, our not being there to surveil them allows them the chance for true liberty in their play, as long as they wash their hands and feet before sitting down to dinner.


But what do I really want? I want more parents to do the same, for the simple fact that when children get together, that’s when the real magic of play happens. When children interact with others, of different ages and abilities, that’s when they truly learn. Children learn far more from their peers than they do from school, or even from their parents. And for the fact that despite all the times my oldest son goes outside looking for adventure, he often comes back frustrated that he’s the only one out there. The world’s just not as fun as a kid when you’re at it alone.


As little as four decades ago children were able to spend an entire day adventuring away from home, relishing in the secret affairs they had away from their parents. They learned resilience, responsibility, and how to interact with others simply by being given the opportunity and space to be themselves. And now they’re rarely given the opportunity to just be with their friends. By the time they’ve finished all of the tasks they’ve been given by adults, it’s time for dinner, bath, and bed.

Where can we start to let go and let grow more? The first start would be in trusting our children. Asking them questions to make sure they’ve thought through their adventures might help assuage some of our concerns. Sometimes it’s surprising to hear their answers. Generally because most children are far more thoughtful than we give them credit for.


Also, just asking your children if there is any particular challenge they’d like to undertake might be a great place to start. We recently let our oldest take his brother to a nearby convenience store to buy candy. While we didn’t anticipate our youngest making the whole trip barefoot, in the rain, we watched from a distance as they made their way safely through stop lights, to the store, bought their candy, and came home. Our oldest even managed to keep our youngest on the path, and away from harm's reach. The result of this? An undeniable sense of accomplishment for our oldest, and a stronger connection between brothers.


Without the freedom to be outdoors in adventures of their choosing, perhaps it’s only natural that today’s children far prefer lives and adventures lived out in video games. When you give it some thought, it’s one of the only places they’re truly free to explore and experiment. Parents likely prefer this arrangement too, as the child immersed in a virtual world or placed in front of a screen is at little risk physically from the real world. And while video games have recently shown to have positive effects, especially cognitively for children, they’re a poor simulation of life. Time in front of screens is time taken away from physical activity and active discourse with other humans.


Furthermore, even this temporary oasis for children is under constant threat from the fears and anxieties of adults. Children simply want freedom in their lives, they want control over their choices. We’re taking away those choices outdoors, and now we’re encroaching on their lives indoors. It remains to be seen how drastic the outcomes of such rigorous surveillance will be, but surely being judged throughout life must result in stress, anxiety, and a lack of self-confidence.


We adults need to do our very best to step out of the way, and do our best to stop judging the choices of children. Rather than share this world with children as their dictators, we ought to view them as our equals, for surely one day they will be responsible for choices that impact us as well. But now, during their childhood, where every day and every moment influences who they become, perhaps it's best that we just enjoy their journey as observers. Besides, if we really want to learn who our children are, what they love, and what gives their lives meaning, one of the best methods is to simply observe them in their play.


And now, without further ado, here is a collection of media from our October sessions and camps!

閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示