検索

子供たちに自由を!

※ English Follows Japanese


子供たちが知らないことや、未完成のプロジェクト、そして "できた ""できない"ということにもっと余地を与えることができれば、それは内面化され、内発的に動機づけられる好奇心のためのスペースが増えるのです。なぜなら、学習とは常に疑問を持ち続けることだからです。それは、永遠に自分自身を未知の状態に置くことなのです。

メリッサ・バトラー(Children's Innovation Project) -Melissa Butler


私は長い間、幼児教育の理論に魅了されてきました。それは、私が父親であり、子育てを通して理論を直接探求する貴重な体験と機会が、あまりに魅惑的だからでしょう。そして、幼児教育には新たなアプローチが必要だと痛感しているからかもしれません。


私は、子供たちが自尊心と尊厳、そして自分自身への信頼に満ちた強い人間に成長できるよう、良い父親であるために最善を尽くそうと、この道を歩み始めたのです。さらに、幼児教育や教育全般について学び続けてきたのはそれが魅力的だからだけでなく、研究や文献の中で最善とされていることが、大多数の環境では決して採用されていないケースが非常に多いからです。


多くの専門家は、子どもは自分で考え行動し、ほとんどの場合、自由な遊びを通して自分の世界について学ぶものだと主張しています。この分野の第一人者達は、子どもの尊厳、コミュニケーションスタイルの多様性の受容、年齢混合グループと階層化、評価を減らし、子どもが何に興味を持ち、何を学んでいるかをより明確に知るための視察を強く支持しています。さらに、子どもにとって最大の教師である周囲の自然環境にアクセスできないことに大きな危機感を抱いている人もいます。


何らかの理由で、私たちは子どもの好奇心だけでは十分でないシステムを作り上げてしまったのです。子どもの発達はもはや子ども次第ではありません。子どもの特異性や複雑性は、不変性、画一性、標準よりも好ましくないのです。子どもはもはや自由に自分の周りの世界を探索し、解釈することができません。おそらく大人は、子どもが間違った方向に進み、「重要な」情報のやりとりが遅れることを恐れているのでしょう。


しかし、なぜ私たち大人は、子どもに何が必要かを知っていると確信しているのでしょうか。子どもに何が必要かを一番知っているのは、子どもではないのでしょうか。


確かに、栄養や健康的な食べ物の選択、交通量の多い道路の横断、危険な動物への接近など、子どもが知らないような不健康なことや危険なことに関しては、情報を提供し、危険な出来事を防ぐことは有効でしょう。放っておくと、自分から進んでお風呂に入らない子や、毎食ドーナツを食べてしまう子もたくさんいることでしょう。


しかし、子どもたちが危険を回避すること以上に、子どもたちが大人になったときに何が役に立つのか、私たちはどうやって知ることができるのでしょうか。急速に変化する世界と不確かな未来に対して、管理や統制を目的としたシステムによる厳格な基準で子供の教育に取り組むことは、時に滑稽に映ります。


むしろ、不確実性を乗り越える能力、学びと失敗の空間、限りない信頼、そしてレジリエンスを高める環境を子どもたちに与えるべきではないでしょうか?子どもたちはすでに、仲間と一緒に自主的にその方法を学んでいるのではないでしょうか?


子どもたちは、何が起こるかわからないということを十分理解した上で、友達と遊ぶために外に出るわけではありません。それどころか、経験したことのないリスクに直面することも少なくありません。しかし、問題を批判的に判断し、解決するための空間が与えられれば、多くの子どもたちは大人の介入なしにリスクを克服することができます。


自分の限界は、自分で試行錯誤して知るもの。子どもたちは、世界と直接触れ合うことで、世界について最もよく学びます。終わりのない感覚や多様な視点を経験することで、自分自身や自分の能力についてより深く知ることができるのです。そして、放っておくと、子どもたちは深い興味を持ち、時には一日中そのことだけに集中してしまうこともあります。


カムイキッズでは、6時間の間、ただひたすら外の生き物を見つけようとする子どもたちがいます。魚、虫、トカゲ、ヘビ......気になったものは何でもその日のうちに探し出します。これは、科学的な探究心や問題解決への入り口になります。小川に入った子どもは、逃げ足の速い魚を見つけるかもしれません。子どもたちはよく協力して、自分が欲しいものを捕まえる方法を探します。川の石を並べて罠を作ったり、上流で水をかき混ぜて魚を網に追い込んだり。また、獲物を捕りやすくするために脇を固めることも覚えます。



その生物は何を食べているのか?どこに生息しているのか?どのような隠れ場所を見つけることができるだろうか?もし、その生物を捕らえたなら、どうすればより快適に過ごせるか?こうした疑問が理論につながり、理論が行動や実験につながり、そのすべての過程で学びが行われるのです。このように、子どもの興味から学びが生まれるのです。


子どもは自分の興味に合った遊びをするものだから、これはこれでいいのだと言う人もいるでしょう。しかし、そのような人たちは、ある時点で、子どもにはもっと指示が必要で、明確な指導が必要だと言うかもしれません。私は、この議論は少し馬鹿げていると思います。確かに、現代社会にとって有用なことを教えることはできます。しかし、ますます、自分自身を強く意識し、創造的で、不可解な方法で問題に取り組むことができ、可能性を見いだし、イノベーションにつながるような人材が求められているように思います。それは、生涯を通じて培わなければならない能力だと思います。これらの能力は、子供たちが大人になるまで自由な生活を送っていれば、ほぼ自動的に培われるものです。



アキラ・リチャードは、"mad question askin'"、つまり、「心配の裏にある意図」を問うプロセスを提唱しています。私たちが子どもをコントロールするのは、子どもを心配しているからなのか、それとも、その心配はむしろ私たち自身の恐怖の反映なのか。近所の目を気にして子どもを外で遊ばせないようにしているのでしょうか。


私たちは、他人からの評価を恐れる以外に、何か他の理由で子供の自然な性格を抑制しているのでしょうか?


子供が大きくなったときに適応できなくなることを恐れて、幼いうちは愚かな振る舞いをさせないようにしているだろうか。子供たちが将来、極めて重要なことを見逃してしまうことを恐れて、過剰な教育をしてはいないでしょうか。


私たちは今、子どもたちに何を望んでいるのでしょうか。そして、私たちは正しい道を歩んでいるのでしょうか?


カムイキッズが成長し、進化するにつれて、私は子どもたちのためにもっと多くのことをしたいと思うようになりました。私たちと一緒にフィールドに来た子どもたちが、最初は少し引っ込み思案だったのが、最後には最高の笑顔で、保育者に「また連れてきて」と頼むのを見るのは最高です。


私たちファシリテーターが目指すのはただひとつ、"その子が自分らしく一日を過ごせるように"すること。



子どもたち一人ひとりの個性、問題への取り組み方、気持ちの整理の仕方、成長、挑戦する姿は、とても魅力的です。私たちは、子どもたちが人間としての真の可能性を育むために必要な環境を提供したいと深く願っており、子どもたちとその空間を共有できることを光栄に思っています。


それでは、前回のセッションのビデオと写真をご覧ください!










The more space we can give children to not know, to not make a finished project, and to not be ‘done,’ the more space we allow for curiosity that’s internalized and intrinsically motivate. Because that’s what learning is: it’s constant wondering. It’s keeping yourself in a perpetual state of not knowing.


-Melissa Butler, Children’s Innovation Project

I have been long captivated by early childhood education theories. Perhaps because I am a father, and the invaluable experience and opportunity to explore theory first hand through parenthood is simply too captivating to waste. And perhaps it's because I sense a dire need for an alternative approach in early childhood education.


I started my journey just trying to be a good dad, to do my best by my children, so that they could grow into strong individuals full of self-worth, dignity, and trust in themselves. I’ve continued learning about early childhood education, and education in general, not only because I find it fascinating, but because in so many cases what’s purported to be best in the research and body of literature is often never employed in environments where the vast majority of children are forced to be.


Many experts argue for a child who is self-driven, self-directed, and who for the most part learns about their world through free play. Leading experts in the field argue strongly for the dignity of children, for accepting diversity in communication styles, for mixed age groups and less stratification, and for less assessment, and more observation to learn more clearly what children are interested in and learning about. Still more express great alarm at the lack of access to one of childhood’s greatest teachers: the natural environment around them.


For whatever reason, we’ve created systems where a child’s curiosity is no longer enough. A child’s development is no longer up to them. A child’s idiosyncrasies and intricacies are less favorable than constancy, uniformity, and standards. Children are no longer free to explore and interpret the world around them, perhaps because adults fear that they may take the wrong path and delay their interactions with “important” information. But why are we adults so sure that we know what a child needs? Isn’t the person who knows what a child needs most, that child? Sure, when it comes to things like sustenance, healthy food choices, crossing busy streets, approaching dangerous animals, and any other such unhealthy or hazardous things a child might not know about, it’s useful to provide information about and prevent any dangerous happenings. Left unchecked, there are probably many children who would never bathe by their own initiative, and yet others who might eat doughnuts for every meal.


But beyond helping children navigate hazards, how do we actually know what will be useful for a child in their adulthood? With a rapidly changing world and an uncertain future, it sometimes seems ludicrous to address a child’s education with strict standards implemented via systems designed for control and management. Rather, shouldn’t we give children the ability to navigate uncertainty, the space to learn and fail, unbounded trust, and environments that help bolster resilience? Don’t children already learn how to do that independently, with their peers? Children do not head outside to play with friends fully aware of what they might encounter. In fact, they’re often put face to face with risks they’ve never experienced. And yet, when given the space to critically assess and solve a problem, many children can overcome risks without the intervention of adults. They learn about their own limits through their own trials. Children learn best about the world by directly interacting with it. They experience never ending sensations and diverse perspectives that help them learn more about themselves and their abilities. And, often when left unperturbed, children develop deep interests, sometimes so deep that it’s the only thing they focus on for a day.


At Kamui Kids, some children spend the entire six hours with us simply trying to find creatures outside. Fish, bugs, lizards, snakes, whatever strikes their fancy, it becomes the focus of their day. This can be a gateway to scientific inquiry and problem solving. A child might enter a stream only to find a fish that’s simply too fast to capture. The children often work together to find a way to catch the things they want. They might try to make a trap by arranging river stones, or disturb the water upstream to chase a fish into a net. Others learn to flank their targets to make an easier catch. They deeply question the objects of their focus. What does the creature eat? Where does it thrive? What kind of hiding spots might we find? If they catch the creature, how can they make it more comfortable? These questions lead to the theories, and the theories to actions and experimentation, and all throughout this process there is learning. In all of this, the child’s interests lead to their learning.


Many would say then that this is appropriate for children, for childhood is a time when children should be given the space to play and explore their interests. But, then, those same individuals might say that at some point children need more direction, and explicit instruction. I find this argument to be a bit specious. Sure there are things that can be taught that are undoubtedly useful for our contemporary society. But more and more there seems to be a call for individuals who have a strong sense of themselves, who are creative, who can approach problems in inexplicable ways, who can see possibilities, which might lead to innovation. For me it seems these are skills we need to cultivate throughout life. These are skills that can be cultivated almost automatically if children have liberty in their lives until adulthood.


Akilah Richard’s advocates for “mad question askin’,” or the process of questioning the “intention behind your concern.” Do we control children because we are concerned about them, or is our concern more a reflection of our own fears? Do we keep our children from playing outside for fear that neighbors might find us unseemly? Do we temper our child's natural character for any other reason other than fear of judgment from others? Do we keep children from acting silly in the early years for fear that they won't be able to adapt when they’re older? Do we over-teach children for fear that they’ll miss out on something critically important later in life? What is it we really want for children these days? And, are we on the right track?


As Kamui Kids grows, and evolves, we are ever more driven to do even more for the children. It’s awesome to see a child come to the field to be with us, who at the start of the day is a bit withdrawn, only to end the day with the biggest smile on their face, begging their caregiver to bring them back again. As facilitators we aim for one thing really: to let a child spend the day with us fully as themselves. It’s fascinating to see how different the children are, how they approach problems, how they deal with their emotions, and how they grow and challenge themselves. We aspire so deeply to give children the environment they need to cultivate their true human potential, and we feel honored to be able to share that space with them.


Without further ado, here are a few videos and pictures of our last session!




閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示