検索

毎日を芸術作品に

世界観を構築し、その可能性を探求し、限界を発見し、新たな世界観にアップグレードする。その原動力は、学び、成長し、より高い次元の思考へと飛躍し、共同体に加わり、自己を創造し、超越しようとする、子どもたちの先天的な衝動なのです。


-ジム・リートマルダー


このブログを書くために写真を見直すと、この数週間、私たちが関わってきた活動の驚異的な量に直面することになります。より多くの人が私たちのプログラムに注目するようになり、私たちはよりハードに働かなければならなくなりましたが、その甲斐がありました。なぜなら、私たちの活動の核となるのは、子どもたちだからです。カムイキッズの活動は、子どもたちが生き生きと、人間らしく、自分らしく生きていけるような環境づくりが前提になっています。その結果、多くの子どもたちに認められ、一日でも多くの自由と遊びを提供できるようになったとき、私たちは幸せな気持ちになります。


昨日、ある教育雑誌のインタビューに参加したのですが、次の週には皆さんにご紹介したいと思います。私たちは、子どもたちが逆境や不確実性に直面しても、生き生きとした力、生きる力、純粋さを見出すことができるようにしたいと考えているのです。私たちが関わる子どもたちには、自分が何者であるかを深く知ってほしいと願っています。私たちは、子どもが誰であるかを決定する権利を持つのは、その子ども自身であることを知っています。


この2週間で、私たちのビジョンの多くの断片が集まってきました。子どもたちを現地に運ぶための新しい車を確保し、ウィロー(柳)と名付けました。購入当時は、樹皮を剥がれた柳の内側のように真っ白でしたから。柳は、土手を固めるのに役立ち、さまざまなものを作ることができ、また柳からとれるサリシンは、代々アスピリンとして痛みを和らげるのに役立てられてきた、実に素晴らしい木です。この木は本当に素晴らしい木なので、私たちのクルマも素晴らしいものにしたいと思いました。


6月最後のセッションの日には、宮城学院女子大学の先生や学生さんたちがフィールドにいらっしゃいました。宮城学院女子大学の先生と学生さんたちは、調査実習の一環として最上郡で行われている興味深いプロジェクトを視察に来られたのだそうです。金山町のめごたまやセラピーファームを見学した後、新庄の市民の森にやってきて、カムイキッズと一緒に午後を過ごしました。


子どもたちはみんなに夢中でした。自分たちのテリトリーになりつつある場所を、新しく参加した人たちに見せてあげると、とても喜んでいました。自分たちが見つけた面白い生き物を指さし、自分たちの冒険や能力について饒舌に語ってくれた。ほぼ全員が初対面の大人たちに、ほとんどの子どもたちが「遊ぼうよ」と声をかけていました。この日はかなり暑かったので、私たちは木陰で即席のブランコに揺られながら、かなりの時間を過ごした。







一日の休息と準備の後、私とあやさんは神奈川に向かい、ウィルダネス・ファーストエイドのハイブリッドコースに参加しました。この夏、たくさんの子どもたちを預かることになる私たちにとって、このトレーニングはとても重要なものでした。そして、このトレーニングは本当に素晴らしい経験でした。さまざまな怪我や問題に対する応急処置の方法を学び、リスクに対する敬意をより強く持つようになりました。また、さまざまな問題に対処し、危険な遊びをする子どもたちをより安全にする方法を知ることができ、現場での仕事がより安心できるものになりました。



トレーニングが終わると、私と彩さんは東京の国立近代美術館で美術鑑賞を楽しみました。その後、夏キャンプの準備や森のようちえんのファシリテーター、新庄でのワークショップイベントなど、毎日が仕事で埋まっていたので、この休みは本当に必要でした。


この助成金のおかげでカムイキッズの夏キャンプはできるようになりました!

直近の森のようちえんは泉田川で行いました。この夏の暑さ軽減策の第一は、最上郡の冷たい水の中でできるだけ多くの時間を過ごすことです。子供たちは冷たい水と、川に浮かぶ機会が大好きです。野生動物を見つけたり、水の感触を楽しんだり、ミニ獣を探したり、一日中過ごしました。この日、多くの子どもたちが自分の限界に挑戦しました。水がかなり強いところもあれば、そもそも水が冷たすぎるところもあり、また、深すぎるところもありました。しかし、一日が終わるころには、子どもたちは皆、頭からつま先までびしょ濡れになって笑い、水の深さにも動じることはなくなっていたようです。一日の終わりには、私たちがいつも聞きたがる最高の別れの言葉が返ってきました。「帰りたくないよ!」。



日曜日は、新庄で初めての手形イベントをつくらぼで開催しました。1月に実施したクラウドファンディングでは、森のようちえんの車にサポーターの皆さんの手形と名前を入れることができました。大きなキャンバスに子どもたちが楽しそうに絵を描いてくれました。正直なところ、今、私たちが乗っている車は世界でいちばんカッコイイと思います。





ペイントと並行して、真っ白な手ぬぐいに葉っぱの色を打ち込んで旗を作ったりもしました。そして、柳の棒の皮をはがし、棒にパラコードで旗を取り付けました。みんな嬉しそうに一日中、旗を振って走り回っていました。車のアートディレクターはラーワーちひろさんで、想像以上に素敵なことをしてくれました。彼女に非常に世話になりました!




これから私とあやさんは、この夏のキャンプイベントの宣伝や、準備の様子をお伝えしていきます。セッションも開催予定です 7月の概要はこんな感じです。


7月2日 森のようちえん

7月3日 つくらぼ手形体験(新庄市)

7月9日 森のようちえん

7月16日 森のようちえん

7月17日 親子川遊びの日

7月18日 森のようちえん

7月23日 森のようちえん

7月24日 森のようちえん

7月30日 森のようちえん


ぜひご参加ください。セッションの予約はいつでもこちらからどうぞ! www.kamuikids.org/book


Given the opportunity, children’s nature is to actively engage the process: build a worldview, explore its possibilities, discover limitations, upgrade to a new one. The driving force is children’s inborn impulse: to learn, to grow, to leap to higher orders of thinking, to join in community, to create and transcend self.

-Jim Rietmulder


Reviewing the photos for this blog post brought me face to face with the staggering amount of activity we’ve been involved in for the past couple weeks. As more and more people notice our programs, we’ve had to work harder and harder, but it’s all worth it. Because, at the core of our work are the children. Everything we do at Kamui Kids is predicated on creating environments that allow children to thrive, to be human, and to engage in life in a way that is truly theirs. We feel blessed when we’re noticed, and when we’re given the opportunity to work with even more children, and fill even just a partial day with freedom and play.


I took part in an interview with a prominent education magazine yesterday, which I hope to share with you in the following weeks, and was posed again the question of what we’re hoping to instill in the children. And, really, it’s best summed up in our interview with NHK, we’re hoping to help children find the power to thrive, to live, to be genuine in the face of adversity and uncertainty. We want the children we work with to know who they are deeply. We know the only person who has the right to determine who a child is, is that child themselves.


In the past two week so many of the pieces of our vision have been coming together. We secured a new car to transport children to our field sites, and named her Willow–because when we bought her she was pure white like the inner layers of a willow tree whose bark has been removed. And really, willow is such an amazing tree: it helps fortify banks, can be crafted into many different objects, and the salicin it produces has helped ward off pain in the form of aspirin for generations. It’s a truly remarkable tree, and we wanted to make our vehicle remarkable as well, which you’ll see later.


On one of our last session days in June, we had a number of professors and students from Miyagi Gakuin Women’s University join us in the field. They were present as part of a survey course, and had come to Mogami County to check out a few of the interesting projects going on. After visiting Kaneyama’s Megotama and their therapy farm, they came to Shinjo’s Citizen Forest to spend the afternoon with Kamui Kids.


The children were enamored with everyone! They found great delight in showing the new attendees what was quickly becoming their territory. The children pointed out all the interesting creatures they found, and spoke gregariously about their adventures and abilities. Having just met nearly all of these adults for the first time, most of the children showed little hesitation in inviting them to play. It was a pretty hot day, so we spent a good portion of it in the shade, swinging from the tree branches on an improvised swing.


After a day's rest and preparation, Aya-san and I then headed off to Kanagawa, to take part in a hybrid Wilderness First Aid course. We found it prudent to take on this training given that we’ll be responsible for so many children this summer. And, the training was truly a great experience. We learned how to provide first aid for a variety of different injuries and issues, and we came away with a much greater respect for risk. The training also helped us feel more comfortable with our work in the field as we now know how to address a wide variety of problems, and help children be more safe as they engage in risky play.


When the training was done, Aya and I spent an afternoon in Tokyo enjoying some art at the National Museum of Modern Art. We really needed the break, because we filled every day after that with work, preparing for our summer camps, facilitating a forest kindergarten and holding a workshop event in Shinjo.


Our most recent Forest Kindergarten was at the Izumita river. Our primary heat mitigation plan this summer is to spend as much time as possible in the cool waters of Mogami County. The children loved the cold water, and the opportunity to float down the river. We found some neat wildlife, and spent most the day either just enjoying the feeling of the water, or searching for mini-beasts. Many of the children challenged their boundaries that day, as the water was quite powerful in some parts, for others the water was too cold to begin with, and even still for others too deep. However, by the end of the day the children were all laughing, soaked from head to toe, and no one seemed phased by the depth of the water any more. At the end of the day, we were greeted with some of the best parting words we always love to hear: “I don’t want to go!”.


Sunday was a big day for us as we held our first handprint event in Shinjo at Tsukurabo. Part of our crowdfunding in January was allowing supporters to put their handprint and names on our forest kindergarten vehicle. We held a big event to paint the van, and the children really enjoyed painting on such a large canvas. Honestly, we probably have the coolest van in the world right now: check it out.


Alongside the painting we also work with children to make flags, by hammering out the color in leaves onto pure white tenugui. We then let the children peel the bark of willow sticks, and attached the flags with paracord to their sticks. Everyone seemed delighted to run around waving their flags throughout the day.


In the coming weeks Aya-san and I will be heavily promoting our camping events this summer, and sharing updates on our preparation. We’ll also be holding sessions! Here’s an overview of July:


We’d love to have you join us! Remember you can always book a session here: www.kamuikids.org/book



閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示