検索

滑る、滑る!

アリソン・ゴプニックの著書『The Gardener and the Carpenter』には、「愛には目標やベンチマーク、設計図はないが、目的はある」と書かれています。その目的とは、愛する人を変えることではなく、その人が成長するために必要なものを与えることである。愛の目的は、私たちの愛する人の運命を形作ることではなく、彼らが自分自身の運命を形作るのを手助けすることです。彼らに道を示すのではなく、彼らが自分で道を見つけるのを助けることだ。たとえ彼らが取る道が、私たち自身が選ぶ道でも、彼らのために選ぶ道でもなかったとしても。"


カムイキッズに通う子どもたちは、一人ひとり違うのが印象的です。一日中同じように過ごしている子どもはいませんし、一緒に遊んでいることも多いのですが、それぞれの子どもは自分のペースで新しいことを学びながら、自分の遊びに没頭しています。子どもたちに他の活動を強制することなく、自分の興味を探求する場を与えることができるのは、十分な大人の存在に恵まれていると言えるでしょう。最近のセッションは、本当に素晴らしく、そして何よりも楽しかったです。


その日、私たちはエコパーク内のいつもの場所に集まりましたが、その日の暑さで雪質が変わっていました。登りやすく、歩くには十分な硬さの雪は、完璧な壁面滑走を可能にしました。



除雪機で削られた溝は、思わず「巣穴」になっていました。中には、部屋やテレビなどの家具を想像する子もいました。



この日はとてもいい天気だったので、子どもたちはすぐに高い急な坂道へと移動しました。雪がないと大変な坂道ですが、雪があると本当に疲れます。子どもたちは、丘を転げ落ちたり、かくれんぼをしたり、森の中の動物の足跡をたどったりするのが大好きです。






火をおこさなければならないのですが、子どもたちはそれを手伝ってくれました。その瞬間は撮れませんでしたが、彼女はこの火を起こすことができました そして、この子の努力のおかげで、温かいランチを食べることができました。この子の表情と達成感は、私たちにとって素晴らしいハイライトでした。



スノーモービルに乗る子や、火おこしに挑戦する子もいました。




お弁当の前におやつを食べました!




隠れ家的なコーナーで遊びをした後は、山形で一番爽快な坂を滑り降りました。子供たちが最高の笑顔で何度も坂を上り下りするのを見て、私たちファシリテーターはただただ笑いました。








私たちは今日、たくさん笑いました、そして最高でした。



閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示