検索

限界に挑戦し、巣穴を作り、新しい環境を探検!

子どもたちの自由な時間は、宿題や課外活動で奪われていることがほとんどです。子供も大人も、創意工夫や想像力を刺激し、無限にある内なる資源を活用するために、内省や熟考、空想にふける時間がほとんどないのです。退屈は実に贅沢なものです。歓迎されない厄介者としてそれを追い払うのではなく、我々は有用な仲間としてそれと一緒に座ってみてください。それは私たちに教えてくれることがたくさんあります。


--エレン・ローランド


このエントリーでは、カムイキッズの3日間に分けてご紹介します。まずは、鮭川村のエコパークでしばらく過ごす最後の日の様子をご紹介します。


この日のテーマは「ぶらさがり」でした。多くの保育園で卒園式があったため、参加した子どもは3人だけでしたが、自分の限界に挑戦するアットホームな一日でした。


ある子は垂木にぶら下がることを選びました。



ブランコに挑戦する子もいました。



ブランコでバランスをとるのが難しい子もいました。



子供たちは、ロープブランコで空中を高速で移動するスリルを味わいました。





また、森の中ではお尻で坂を滑り降りることもよくしました。


一日の終わりには、子どもたちは一生懸命に後片付けを手伝ってくれました。




先週は、鮭川村の森のようちえんのために、新しい環境をいくつか探してきました。


山形はとても素晴らしい場所で、外遊びに最適な秘密がたくさんあります。


息子たちを連れて、将来的に川遊びができる場所と、私たちの活動のために近々確保したいと思っている土地の区画を見に出かけました。




数時間かけて森の中をハイキングし、鳥の声や木々の間を通り抜けるそよ風を楽しみました。





土曜日には、素晴らしい一日を過ごしました。


私たちは新庄市の市民の森で一日を過ごしました。


子供たちは、私たちを森に入れるのを手伝ってくれました。



木は便利だね」と、コートハンガーにするように指示されました。




子どもたちが蹴った雪が排水溝に流れ込み、その上を水が流れる様子を初めて体験しました。




ある子は、水がお腹を空かせているだろうと言い、おいしい葉っぱや棒を食べさせてあげました。



また、お母さんに手伝ってもらって近くの樫の木に登った子は、すぐに自分はサルだと宣言し、嬉しそうに鳴いていました。



ある子は一人遊びで癒されていましたが、他の子は特別な巣穴作りに励んでいました。





子供たちは虫のホテルと鳥の巣を作り、私は棒と毛糸で飾りを作りました。



一日がかりの作業の後、おいしいランチとおしゃべりの後、即席のソックパペット・ショーを楽しみました。






昼寝をしたい人もいた。日差しが強いので、日陰を作る工夫が必要です。



全体として、素晴らしい一週間でした。次回の市民の森での開催が待ち遠しいです。このところ素晴らしい天気が続いているので、この2週間は屋外で過ごすことになりそうです。



閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示