検索

雨の喜び、土曜日のトカゲ、森の工作


私たちが学びと呼ぶものは、子どもの外のどこかからやってきて、資格を持った大人が与えたり、与えなかったりしなければならないという、驚くほど固定化した、しかし誤った信念があります。しかし、すべての幼児の脳には、学びのための基礎が含まれています。その子がどこにいようと、私たちはその子のカリキュラムを見つけることができるのです。


-エリカ・クリスタキス


この数日、カムイキッズはとても忙しく過ごしています。そして、そのすべてが、人、遊び、天気、そして子どもたちの多様性に満ちていました。金曜日には、森の幼稚園にたくさんの新しい子どもたちを迎え入れることができ、寒い雨の中、森を探検し、工作をし、木に登り、新しい友達のことをたくさん学びました。


たくさんの出来事がありましたので、週末を簡単に紹介するために、いくつかのセクションに分けたいと思います。


金曜日


市民の森の広い芝生の上では、時折風が吹き、涼しく曇った金曜日でした。初参加の子も多く、まずは木登りや道具の紹介をしました。子供たちは妖精のテーブルと椅子を作りたいというので、早速材料を集めました。



こぎりで切ったり、木を割ってテーブルを作るのをたのしみました。



曇りがちだった天気は、冷たい雨に変わりました。


しかし、この雨を爽快に感じた人もいた。特にタープの上に溜まった雨は爽快でした。ある子は、下から見ているだけでも楽しいのに、それを叩き落として大喜びしていました。






土曜日


土曜日は天候に恵まれました。金曜日の夜には雪が降り、私たちは雪原で遊ぶことになりました。しかし、この日は晴れ渡った青空が広がり、素晴らしい天気となりました。青く澄んだ空、木々の新緑、そして地面の雪のコントラストは、素晴らしい写真を撮ってくれました。



子供たちは雪にも負けず、すぐに遊び始め、午前中はほとんど川で走っていました。



前日に捕獲したトカゲを持ってきた子もいました。子どもたちは長い間、そのトカゲを観察していました。この日の主役はトカゲで、子どもたちはどこに行くにも一緒でした。




ランチの後は、みんなで森へ。木に登ったり、森を探検したり、みんなと一緒に楽しい時間を過ごしました。新しい植物を見つけたり、自分たちが森の強い戦士であることを想像したり。特にある子は、スーパーサヤジンに変身していました。





この日の大半は、私たちが用意したすり鉢とすりこぎを使って、子どもたちが道具を探検する時間でした。すり鉢で作った調合薬やポーションは、子どもたちを何時間も夢中にさせていました。




日曜日


最後に、日曜日は新庄市のエコロジーガーデンの「つくらぼ」に行ってきました。この新しいマーケットイベントは、体験に重点を置き、様々なクラフトツールを使って新しいことを学ぶことができます。即席のジャムセッションも楽しみましたよ。




私たちは、タニウツギ属の茂みを使って、ジュエリーのためのビーズを作りました。ハンドドリルやヤスリ、のこぎりを使って、ビーズを切ったり、形を整えたり、くりぬいたりして、子どもたちと一緒にオリジナルの作品を作りました。




中には、ナイフで棒を削るだけで満足する子もいました。子どもたちが道具を使う機会を与えられ、それを信頼されていると感じられると、喜びの結果が得られることが多いのです。これからも、子どもたちが自分の限界に挑戦し、自分だけの現実を発見できるような機会をつくっていきたいと思います。



閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示