検索

驚きの感覚

更新日:1月20日

"心を失い、魂を見つけるために、私は森に入る"

- ジョン・ミューア


"子供の世界は新鮮で新しく美しい、驚きと興奮に満ちている。"

- レイチェル・カーソン


この記事を書き始めたのは、現代の環境保護主義の創始者たちについて考えた後でした。ジョン・ミューアやレイチェル・カーソンのような環境保護主義者は、自然の持つ不可解な性質に惹かれ、その保護を唱えていました。二人とも、自然との深い交わりの中で成長期を過ごしました。これらの経験は、アメリカだけでなく、世界中で今日まで続いている土地倫理の構築に貢献しました。それは、日々の生活の中で薄れていくものではありますが、屋外で過ごす時間を十分にとることで、再び輝きを取り戻すことができるのです。私たちカムイキッズにとって、子どもたちは私たちの埋もれた記憶への入り口であり、彼らの尽きることのない好奇心と無限のエネルギーは、私たち大人に世界の素晴らしさを伝えてくれます。


第2回目のセッションでは、数名の保護者の方と一緒に、私たちの仕事の哲学的基盤や価値観、そして私たちが支援するすべての子どもたちがいかに素晴らしい存在であるかについて話し合いました。ホットチョコレートを作るためにお湯を沸かし、グリルドチーズサンドを作るためにアイロンをかけていると、ある親御さんが「火遊びに夢中になっているここの子どもたちのことをどう思いますか」と尋ねてきました。


炎が棒を伝っていく様子を見ている子や、風で煙が熱を運んでいく様子を見ている子など、子どもたちの様子を見ながら、最近ではこれほどまでに一つの遊びに没頭している子どもたちは珍しいのではないかと思い、少し答えてみました。私は幼児教育施設での経験から、子どもたちがこのような長時間の遊びに没頭することは、もっとあり得ないことだと考えました。気が散ってしまう時代、多くの子どもたちが過剰な刺激を受けている中で、子どもたちが不思議な対象にただひたすら向き合っている姿を見るのは稀なことだと思います。また、子供時代の規制が厳しく、高度に構造化されたアプローチでは、子供がフローを経験し始めたところで、子供の遊びが中断されてしまうことが多いようです。ここ、森の中で、カムイキッズは、子どもたちの遊びを邪魔しないように、子どもたちの興味がどこへ行くのかを見守るようにしています。


今日は、森の友達を作ることにしました。この日は雨が降っていたので、子どもたちと一緒に火を起こしました。お友達を作るために、最適なパーツを探しに森の中へ。子どもたちは、森の葉っぱの大小や形の違いに夢中になっていました。朽ち果てた切り株に生えているキノコは、その大きさを議論しながら、英語の単語を教える良い機会となりました。また、落ちていた蜂の巣を見つけ、子どもたちは興味深く観察していました。この森では、子どもたちが一人で歩き回れるスペースを確保できたので、子どもたちは景色を楽しみながら進んでいきました。





焚き火の前では、おやつを食べながら、森の友達を作りました。中には一日中仲良くしていた子もいましたが、少なくとも一度は意見の相違がありました(ここでは一人の子が活発に争っている様子が見られます)。






午後は「水」がテーマです。スタッフは子どもたちを濡らすのをためらっていましたが、雨具と長靴のおかげで室内は濡れず、子どもたちは公園内の小さな小川で何時間も登ったり、はねたり、歩いたりして過ごしました。








一日の終わりには、再びホットチョコレートを楽しみ、子どもたちはタープの上から落ちてくる水で遊ぶのを楽しみました。





私たちは屋外で長い時間を過ごしますが、私たちの多くはもっと長く屋外にいたいと思っています。素敵な仲間や笑い声、森の景色や音に囲まれていると、一日があっという間に楽しく過ぎていきます。今は、早く雪が降ってほしいと願っています。次回のセッションでは、子どもたちがどんな風に遊ぶのか楽しみですね。



“And into the forest I go, to lose my mind and find my soul”

- John Muir


“A child’s world is fresh and new and beautiful, full or wonder and excitement."

- Rachel Carson


I began writing this post after some thought about a few founders of modern environmentalism. Environmentalists like John Muir, and Rachel Carson seemed drawn to the inexplicable qualities of nature, while championing for their protection. Both spent their formative years outdoors in deep communion with nature. From these experiences they helped write a land ethic that endures to this day, not only in America, but in many ways throughout the world. After a day outside, there is an indelible sense of wonder, which, though it dulls in our day to day occupations can always resurface with enough time spent outdoors. For us at Kamui Kids, children are the portal to our buried memories, and their inextinguishable curiosity, alongside seemingly boundless energy, helps bring us adults closer to the wonders of the world we inhabit.


During our second session, we shared the day with a few parents, enjoying discussions about the philosophical underpinnings of our work, our values, and how remarkable all the children we serve are. As we heated water for hot chocolate, and a hot iron to make some grilled cheese sandwiches, one parent asked, “What do you think about the children here, who are so immersed in playing with the fire?”


Taking a moment to consider the children, some of whom were watching embers crawl down a stick, while others noted how the wind carried smoke away and with it heat, I answered a bit about how rare it seems these days to see children so wholly immersed in one type of play. My experience in early childcare centers made me consider how even more unlikely it might be for them to do so for such an extended period of time. In an era of distractions, where many children are over-stimulated, it sometimes seems rare to watch a child just be with their object of wonder for any given time. And, with over-regimented, highly structured approaches to childhood, it often seems as though a child’s play is interrupted just as they begin to experience flow. Here, in the forest, with Kamui Kids, we do our best to avoid interrupting children and see where their interests take their play.


Today we decided to make some forest friends. As it had already started to rain, and would rain all day, we worked together with the children to prepare our fire. To make our friends we headed off into the woods in search of the perfect parts. The children seemed enamored with the leaves on the forest floor, how big and small they were, and how they differed in shape. Mushrooms on a rotting stump provided a great opportunity to teach some words in English, as we discussed their size. We even found some fallen beehives, which the children inspected with great interest. In these woods, we were able to give the children some space to wander on their own, and they willingly walked ahead, enjoying the scenery.


Back at the fire we enjoyed snacks and crafted some interesting forest friends! Some stayed friends all day, but there was at least one disagreement (here we see one of our children in a spirited dispute).


The afternoon was all about water. Our staff were a bit hesitant to let the kids be so wet, but their rain gear and boots kept them dry inside, and they spent hours climbing, splashing, and walking in the small stream in the park.


At the end of the day we once again enjoyed some hot chocolate, and the children enjoyed playing with the water that was shedding off the top of our tarp.


We spend a long time outdoors, but for many of us we want to stay out longer. With great company, laughter, and the sights and sounds of the woods the day passes quickly and joyfully. For now, we look forward to welcoming the snow that we hope falls soon. We cannot wait to see how the children play in our next session!


閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示