検索

ガムテープで固めたイカダで外洋へ

子どもの意見なしには、子どもを育てることはできません。もし彼ら一緒に決めるのではなく、あなたが決めているのであれば、その若い学習者のために最高の教師やガイドになることは出来ないのです。あなたも私も、若者とのパートナーシップを単なる教育活動ではなく、個人のリーダーシップの仕事、社会正義の仕事と考えなければなりません。これはもっと大きなことなのです。これは"力"についてであり、力を超えるという文脈から取り出して、力を共有し、誰かの力の邪魔をしない方法を知っている人を育て、そのような人になるための意図的な努力に適用することによって、力を再想像することなのです。


アキラ S. リチャーズ - 自由人の育て方



昨日、小学校のランチルームで隣に座った子どもが物思いにふけり、深く考え込んでいるように見えました。最初は、何か不安なことがあるのか、それとも何か叱られたばかりなのかと思いました。聞いてみると、「単純に楽しみなんです」と言う。3年生と5年生が一緒に体育館で過ごす日だからだそうです。「ふれあいの時間」と呼ばれる時間。満腹になることも、リンゴのゼリーを食べることも、授業を受けることも、他の子どもたちと過ごすこの貴重な時間に比べれば、たいしたことではありませんでした。自分の席に戻り、他の子に五年生との特別な時間について尋ねると、同様にバレーボールをする友達に会えることを楽しみにしているようだった。


コロナウイルスの大流行後、多くの学校では異なる学級や年齢の子ども同士が関わることを避けるために、そういった機会をほぼすべて絶ちました。私の勤務先では、体育館は持ち回りとなり使用する範囲が限定された為、子どもたちは同じ教室の子どものみと遊ばなければなりませんでした。ランチルームは子どもたちが密だと判断され、全員が分散することを余儀なくされました。ランチタイムは以前のような陽気な時間ではなく、ストレスの多い時間になっています。子どもたちは横一列に座り、テーブルの先頭には常に大人がいて、話したり動いたり、特定の食べ方をしないよう注意します。子どもたちは学校でも、ランチタイムでも、そして今では異年齢の友だちと会うことさえ、ほとんどできなくなってしまいました。


学校という、多くの人が「社会的な雰囲気を醸成する場所」で子どもたちは膨大な時間を共に過ごしています。毎日7〜8時間以上も学校で過ごしているにも関わらず、その付き合い方はほとんど大人の采配に委ねられているのです。人との付き合い方には、正しいやり方と正しくないやり方がある。子どもたちには何の力もありません。


実際に、人付き合いの仕方も深く規制されています。ルールがあるのです。時には、あまりにも多くのルールがあるため子どもがすることはすべて間違っていると考えざるおえません。学校教育の最初の1年かそこらの間に、多くの子どもたちは自分自身の感覚を失い、不安になり、自分に自信が持てなくなり、教師や他の大人のスタッフにますます依存するようになります。大人は子どもたちの1日のほぼすべての側面を支配するのです。


本来、学校は小さな社会であり、そこで子どもたちは社会性を身に付けていきます。ですが現代の学校では、学校教育の主な利点としても賞賛される"社会を作るための時間"をほとんど持てません。


学校の魅力は、しばしば「学校から離れたい」という熱望に取って代わられる。


なぜ、この巨大なシステムは、共通の目標に向かって子どもと協力しようとしないのでしょうか。子どもたちにもっと自由を与えることが悪い結果をもたらすと、私たちは本当に恐れているのでしょうか?


毎年、若者の幸福度を測る指標が急激に低下している今、若者を教育するためのアプローチを再考する機は熟したように思われます。より多くの子供たちが準備不足を感じ、落ち込み、最終的に約束されたはずの成功を手にすることなく学校教育システムを去っていくとき、私たちは彼らの不安や懸念にもっと深く耳を傾けるべき時なのかもしれません。


環境を改善するのに簡単な方法がないように、教育システムを改善するのに簡単な方法はありません。ステークホルダーが多すぎるし、意見も多すぎるのです。多くの関係者が、未来を担う子どもたちに不安を抱いています。カリキュラム・マネジメント、重いテスト、コア・カリキュラム、標準化された授業や学習内容、新しい教育学的アプローチ、その他私たちの不安が作り出した空白を埋めるための新しい流行語など、教育に対する最善のアプローチを持つと主張する専門家や研究者や教師、その他の大人が無限に存在するのです。



しかし、結局のところ、教育問題を解決するためのあらゆる直線的なアプローチの上流には、子どもたちがいます。明るく、陽気で、風変わりで、ユニークで、複雑な子供たちです。そして、彼らの未来への歩みは、不安な大人たちが作った新しいダムによって、限りなく妨げられているのです。子供が新しい支流を旅し、まだ見ぬ興味の深さと驚きを経験するよりも、私たちは子供の道をまっすぐにし、大人への旅を早めるのです。しかし、そうした別の道や興味が消えたわけではありません。それらは、現代社会におけるゲシュタルトである。私たちが仕事をしている間、それらは私たちを引っ張り、引き寄せているのです。大人になると、通らなかった道を見て、その喪失感に後悔します。私たちは、未知の未来に突き進むために、方向感覚もなく、勝手にパッチワークのように組み合わされたオンボロいかだで、人間であることの経験を失ってしまうのです。




子どもたちは時々道に迷うことで、自分たちが知っている旅の土台を作る必要があるのかもしれません。自分たちの探求と学びのために、自分たちの仲間を作る必要があるのかもしれません。


社会的な基盤、ルール、人間関係を自分たちで作り上げる力を与え、人間らしさを見つけるための道筋で、失敗から学ぶ場を与える必要があるのかもしれません。


また、子どもたちは大人からの信頼を必要としています。そうすることで、自分たちの懸念を表明したときに、それが単なる成長過程での出来事として片付けられてしまうことなく、真剣に受け止めてもらえるようになるのです。私たち大人が力を必要とするのと同じように、子どもたちも力を必要としています。私たちが自分の仕事を導き、現状に対処するために大人を必要とするのと同じように、子どもたちもまた、味方として大人を必要としているのです。


コントロールされるのではなく、信じられることが必要なのです。


子どもたちは大きな重荷を背負っていますが、私たちがチャンスを与えさえすれば、それを背負うだけの力を秘めているのです。

このような邪悪な問題は、一日中、私の思考の最前線にあることが多いです。私はさまざまな教育現場で働いてきた経験から、今の子どもたちがどのような状況に置かれているのか、多少なりとも理解することができます。カムイキッズの活動は、まさに記録と片付けです。子どもたちがどのように関わり、どこに興味を持ち、どのように成長しているのか、私たちのアプローチに足りないものはないのか、などを記録していきたいと考えています。充実した仕事ですが、課題は尽きません。しかし、私たちのモットーは、「子どもたちのことは子どもたちが一番よく知っている」ということです。無理な体験や叱責、過大な賞賛はしません。社会という大海原を漂流したときに、自分の進むべき道を知り、不安ではなく、未知なるものへの探究心と興奮をもって旅をしてほしいと願って。



前回のセッションの写真と動画をご紹介します。大雨の後、森の中で一日過ごし、氷のように冷たい川で水浴びを楽しみました。









In open waters on a duct-taped raft


You cannot raise any child without the input of that child. You cannot be the best teacher or guide for that young learner if you are deciding for them instead of with them. You and I must see partnering with young people as personal leadership work, social justice work, not just educational activism. This is bigger than that. This is about power, about reimagining it by taking it out of the context of power-over and applying it to our deliberate efforts to raise and be people who know how to share our power and how not to stand in the way of someone else’s power.


Akilah S. Richards – Raising Free People


I was sitting next to a child yesterday in the lunchroom at an elementary school who looked pensive, and deep in thought. At first, I thought perhaps she was anxious about something, or had just been admonished for something. I asked her, and she said she was simply excited. She was excited because it was a day that the 3rd graders and 5th graders got to spend time together in the gym. A time called “furiai no jikan”. The prospect of a full stomach, apple jell-o, and time out of class meant little compared to this rare moment she would have to spend with other children. I moved to my seat, and asked another child about their upcoming special time with the upper class, and likewise they were excited to see a friend they often played volleyball with.


In the wake of the Coronavirus Pandemic, many schools cracked down on almost anything children were allowed to do with other children, in order to reduce exposure to discrete classrooms and age groups. Where I work the gym was put on rotation and children had to use it with others in their same classrooms. The lunchroom was deemed too dense with children, and everyone was forced to spread out. Lunch time is no longer the jovial period it used to be, for two years now it’s been a stressful time. Children sit side by side, with an ever watchful adult at the head of the table cautioning children against talking, moving, or eating in certain ways. Children have little power in the schools, during lunch-time, or now even to meet with friends from other age groups.


These children spend copious amounts of time together in school, a place that many praise for its ability to foster a social atmosphere. They spend upwards of seven to 8 hours or more every day in the school, and yet their socializing is almost entirely up to the purview of an adult. There is a correct way, and an incorrect way to interact with others. The children have no power.


How they socialize is also deeply regulated. There are rules. Sometimes there are so many rules that you just have to assume that anything a child does they are doing wrong. Within the first year or so of the schooling environment many children lose much of their sense of self, and become anxious, unsure of themselves, and come to depend more and more on teachers and other adult staff, who exercise control over nearly all aspects of their day. Children have scant time to socialize and create the society many laud as a central merit of schooling. The allure of school is often replaced by an ardent want to stay away from it.


Why is it that this massive, behemoth of a system is so unwilling to work with the child toward common goals? Are we really afraid that more freedom for children will lead to worse outcomes for them? At a time when every year, metrics that look at youth well-being drop precipitously, it seems like a ripe time to reconsider our approach to educating our youth. When more and more children leave the schooling system feeling unprepared, depressed, and ultimately without the success they were promised, perhaps it’s time we listen more deeply to their anxieties and concerns.


Just as there are no simple approaches to improving the state of our environment, there are no simple approaches to improving the education system. There are far too many stakeholders, and far too many opinions. For many stakeholders there are feelings of dread for the children who are to inherit the future. And there are endless amounts of experts, researchers, teachers, and other adults who proclaim to have the best approach to education: curriculum management, heavy testing, core curriculums, standardized lessons and learning content, new pedagogical approaches, and any number of other new buzzwords to fill the voids our anxieties have created.


But in the end, upstream from all these linear approaches to solving our educational problems, there are the children. The bright, jovial, quirky, unique, hilarious, complex children. And their progress to their futures is endlessly impeded by new dams built by anxious adults. Rather than allow the child to travel down a new tributary, to experience the depth and wonders of an unseen interest, we straighten their path and expedite their journey toward adulthood. But those other paths and interests didn’t disappear. They are gestalt in our contemporary society. They pull at us, and draw at us while we work. As adults, we see a path not taken and feel remorse at the loss. We arrive bereft of the experience of being human on a rickety raft, a patchwork put together without our consent, without any sense of direction as we’re thrust into the unknown of the future.


Perhaps children need to get lost from time to time, in order to build foundations for their journeys that they know fully. Perhaps they need to form their own fellowships for their own quests and learning. Perhaps they need to be given the power to create their own societal foundations, rules, and relationships and be given the space to learn from their failures on their paths toward finding their humanity. Perhaps they need the trust of adults so that when they express their concerns they’re taken seriously, and not diminished as simple artifacts of growing up. Children need their power as much as we adults need ours. They need adults as allies as much as we need them to guide our work and address our present circumstances. They need to be believed in, not controlled. Children have an enormous burden, but they’re strong enough to carry it, if only we give them the chance.


These wicked problems are often at the forefront of my thoughts throughout the day. My work in myriad educational contexts gives me some insight into the plights of our children today. Our work at Kamui Kids is really just record keeping (and a lot of clean-up)! We want to take note of how the children interact with one another, where their interests lie, how they’re growing, and where our approach to them is insufficient. It is a fulfilling work, with endless challenges, but our ever present motto is: the children know themselves best. There are no forced experiences, no admonishments, and we do not overpraise. We simply stand in wonder of the children in the hopes that they’ll carry wonder throughout the rest of their lives, on whatever raft or yacht they build, so that when they find themselves adrift in the ocean of society they know their own headings, traveling not with anxiety, but with excitement and inquisitiveness about the unknown.


Here are a few pictures and videos from our last sessions. We spent a day in the forest after some heavy rains, and then enjoyed a dip in an icy cold river!


閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示