検索

好きなことをする

※English Follows Japanese


「私がこれまでに出会った成功者について最もよく覚えているのは、彼らが自分のしていることに明らかに喜びを感じているということです。彼らはただ自分のしていることが好きで、人前でそれをするのが好きなのです。」


フレッド・ロジャース



私のヒーローの一人に、フレッド・ロジャーズがいます。信じられないほどの才能を持ち、自分はいつも二の次で、世界をより良い場所にするために献身した特別な人でした。そしてテレビの時代、彼は2つの側面を目の当たりにします。テレビ番組は子どもたちに手を差し伸べ、より良いものを提供する機会になり得ること、またテレビの普及により、子どもにとって有害な番組が増えることです。ですがロジャースは、アメリカだけでなく世界中の何百万人もの人々に感動を与えるテレビ番組を制作し、世界中の子どもたちの声を代弁する存在となったのです。


彼のアプローチは動機は単純ですが、多くの人が子どもにふさわしいと考えるものと相反するように思われるため、難しい仕事でした。ですが、指導者でもなければ教師でもないロジャースから、子どもたちは学びました。講義や布教をせず、ただ物語を紡ぎ、カメラを通して直接語りかけることで子どもたちを引き込んでいったのです。子どもたちがどのように言葉や感情を感じるかを深く考え、なるべく自然な姿で自分自身を撮影したテレビ番組を制作したのです。子どもたちに「間違いは大人でもあるんだよ」ということを伝えたかったのです。そして、自分の好きなことを仕事にするゲストを登場させ、子どもたちに「将来こうすればいい」と教えるのではなく、「好きなことを仕事にすれば、大きな成功につながる」ということを、ただひたすら伝えていったのです。


ロジャースのアプローチは、現代における多くの幼児教育の見方とはかけ離れています。子どもの直感を信じられず、いつか喜びと安心を与えてくれるものが見つかるようにと、情報を浴びせることはありませんか?


私たちは、子どもたちが興味を持つべき理由を説明しますが、子どもたちがそのことについて学ぶ意欲を感じているかどうかは、あまり聞きません。


確かに、興味や意欲は二の次で、学ぶべき事柄が重要だと言う人は多いでしょう。しかし、もし子どもが興味もなく、やる気もないのであれば、学習はほとんど行われないということが、研究によってはっきりしています。


学習に関する科学ではっきりしていることがあるとすれば、学習には直線的な道筋がないということです。


子どもたちは無数の複雑な方法で学び、私たちは生涯を通じて学び続けるのです。


教室での体験を通して最もよく学ぶ子供もいれば、自分の力で発見したことをよく学び、長く記憶にとどめる子供もいます。学習が最も効果的に行われるのは、学習に対する内発的な動機づけがあり、自分の興味と目標が一致しているときです。


また、学習がセレンディピティになることもあります。興味から研究を始め、それがさらに興味深い探究心へとつながり、情熱に深く入り込んでいくのです。だから、手彫りのスプーンの美しさや、割れた岩の内側の複雑な模様に、人生の意味を見出す人がいるのでしょう。


子どもは自然界の模倣者であり、私たちの行動をよく観察し、時には理解する前に丁寧に再現してくれます。歌を歌うと、まだ発音できないのに唇が一斉に動くのを見ることができます。また、木工などの工作に挑戦してみると、子どもが自分の工作に必要な道具を要求してくるのを見ることができます。このように、子どもは自分の意思に任せ、観察することで、直接的に教えなくても、驚くようなものを作り出してしまうのです。たとえば、機能的なテーブル(グラグラしない程度に)。深いストーリーのある絵本。ハムスターや虫のための何階建てかのホテル、シャチやクラゲが泳ぐ水族館の段ボール製の模型など。


子どもたちが最もクリエイティブになれるのは、教えられたときではなく、自分で実験するときなのです。


先日の森のようちえんとその次の日に、ちょっと変わった形でそのことを思い知らされました。長男のヒューゴは、青いプラスチックの小瓶を2つ持って、その日の大半を過ごしていました。中にティッシュペーパーを入れ、昆虫を探していました。それは一種の研究のようで、どんな昆虫でも実験の対象になるのです。キリギリス、バッタ、カブトムシ、チョウチョなどを捕まえては、ティッシュと一緒に青い小瓶に押し込み、時々、死んでしまったかどうかを確かめていました。そして、虫の寿命の長さに驚き、がっかりさえしていました。キャンプの翌朝、虫たちがまだ生きているのを見て、「空気が中に入ってこないのに、どうして呼吸ができるのだろう」と不思議そうに言ったのです。


虫を殺すにはどうしたらいいかという有効な仮説を立てたものの、その実験に反する証拠が見つかりました。何かが間違っていたのです。期待外れな結果でしたが、それでも彼はあきらめませんでした。


案の定、暑い車内で数日過ごした後昆虫は死んでしまいましたが、ヒューゴは次の冒険のための準備がやっとできました。今朝のことです。午前中の大半、ヒューゴは一人で外にいました。私は家の中で彼を呼び、ハンマーや釘で木を打つおなじみの音が聞こえたあと、数分後にヒューゴが何かを持って家に戻ってきました。




昆虫の標本です!


私は正直言って、驚きと誇りを抑えきれませんでした。正直言って、驚きと誇りを抑えきれなかった! 完全に驚かされたのです。標本の為の昆虫採集の話はしたことがないばかりか、作りたいと言ったことすらありませんでした。しかも、専門的な道具があるわけでもないのに、よくぞやってくれたという感じです。 聞いてみると、村の教育長が同じような作業をしているのを見て、自分もやってみたいと思ったそうです。


自分の好きなことを楽しんでいる人を見たその一瞬が、2日間の昆虫採集と、午前中の標本作りにつながる興味を呼び起こしたのです。そして、多くの学びを得ることができました。


このように、興味を持ち、さらに深く掘り下げていくことができる瞬間を、私は求めています。私は昆虫学について何も知りませんが、ヒューゴがやる気を失わない限り、この体験を通じてもっと多くのことを学べると思います。


私たちは一緒に学ぶことができるのです。


もっと学ぼうとすれば、彼の内発的なモチベーションのおかげで、どんなことでもやりやすくなるし、彼が興味を持つかもしれない他のことへの入り口が開けるかもしれない。


フィールドガイドを見ているうちに、私の手を借りずに昆虫のことをもっと読み解くために、読むことに興味を持つようになるかもしれません。学問の原理を応用して、より多くの展示物を作るかもしれない。彼の質問によって、他の専門家が紹介され、彼が社会的に関与できるようになるかもしれない。あるいは、この昆虫展で昆虫との旅を終えるかもしれない。


しかし、今のところ、彼は自分の世界と密接に関わり、身の回りの道具を使い、創造的な方法で問題を解決し、期待を裏切るものを作っています。


私にとっては、それで十分なのです。これこそが誠実な子ども時代であり、興味を深く追求する自由があり、学びが子どもの裁量に任されている子ども時代だと思います。私たちが子どもたちにできる最善のことのひとつは、好きなことをただすることができる環境を与え、好きなことをやることは大丈夫と伝えるだけでなく、必要不可欠であることを示すことかもしれません。


さて、早速ですが、先週の画像の数々をご紹介します。私たちはキャンプを楽しみ、サマーセッションのためのセットアップの練習をしました。日曜日は暑くて楽しい川遊びの前に一晩中雨が降った。でも、本当に楽しい時間を過ごすことができました。参加してくれた皆さん、ありがとうございました。







"The thing I remember best about successful people I've met all through the years is their obvious delight in what they're doing and it seems to have very little to do with worldly success. They just love what they're doing, and they love it in front of others."


Fred Rogers


One of my personal heroes is Fred Rogers. He was an exceptional person, incredibly gifted, selfless, and dedicated to making the world a better place. In the age of television he saw a double-edged sword: the opportunity to reach and do better for children, and an increase in programming that was detrimental to the child. Fred created a television show that touched millions in America and throughout the world, and became a champion for the voice of children everywhere.


He had a simple motivation, but a difficult job, because his approach seems antithetical to what many consider appropriate for children. Fred was not an instructor, or a teacher, but children learned from him. He did not lecture or proselytize, he simply wove stories and brought children into them by talking to them directly through the camera. He created television programs that thought deeply about how children experience language and feelings, and he filmed himself in as natural a demeanor as possible. He wanted to show children that mistakes happen, and that even adults make them. And, he brought guests who loved what they did on his show, not to give children an idea of what to do in the future, but simply to remind them that doing what you love can lead to great success.


Fred’s approach is a far cry from how many view early childhood learning these days. Sometimes it seems we cannot trust a child’s instinct, and so we shower them with information, in hopes that they may someday find something that provides them not only joy, but security. We tell children why they should be interested in the subjects we teach them, but we often don’t inquire whether they feel any motivation to learn about them. Indeed, many would say that interest and motivation are secondary to the importance of the materials to be covered/learned. But if the child has no interest, and no motivation, the research is pretty clear that there’s little to no learning happening. If the science about learning is clear about anything at all, it’s that there is no linear path to learning. Children learn in myriad, and complex ways, and we learn throughout our lives. Some children learn best through classroom experiences, while others learn far better and retain longer the things that they discover on their own terms. Learning happens best when we have the intrinsic motivation to learn, when our interests and goals are in alignment. And sometimes learning is serendipitous, an interest leads to research, which leads to an equally interesting line of inquiry that pulls us further, and deeper into our passions. And perhaps that’s why some people find all their lives meaning in the beauty of a hand-carved spoon, or the intricate patterns inside of a split rock. Children are nature’s mimics, and they watch closely what we do, carefully reproducing our actions sometimes before even understanding them. Try singing a song to a child and watch how their lips move in unison, even though they’re not yet able to properly pronounce some of the words. Or, take on a woodworking project, or whatever craft you’re interested in, and watch as the child asks for tools for their own project. Left to their own devices, and observations, you might be amazed at the things children produce without direct instruction. A functional (if not wobbly) table, for example. A children’s book with a deep story. A multi-story hotel for hamsters and bugs, or a cardboard mock-up of an aquarium, fully equipped with swimming orcas and jellyfish!. Children are most creative not when they’re taught what to do, but when they experiment on their own.


I was reminded of this during our last forest kindergarten session and following days in a rather extraordinary fashion. Hugo, my oldest son, had spent a good portion of the day with two small, blue plastic vials. He’d placed tissue paper inside, and was on a hunt for insects. Any insect was a permissible subject for his experiment. He caught horseflies, katydids, grasshoppers, beetles, and butterflies, and shoved them all into the blue vials with the tissue, checking from time to time whether or not they’d met their untimely demise. He was disappointed, and a little amazed, at how long they could live. When the bugs were still alive the next morning after a night of camping, he remarked, “how can they breathe if air cannot get inside?” He’d formed a valid hypothesis about how he might kill the bugs, and found evidence against his experiment. Something went wrong. The results didn’t meet his expectations. But it didn’t deter him. Sure enough, after a few days in a hot car (which is likely what did the insects in), Hugo had some inanimate insects ready for his next venture. That happened this morning, when for the better part of the morning Hugo was alone outside. I called for him in the house, until we heard the familiar sound of hammers, and nails on wood, and then after a few minutes Hugo came back inside with this: I honestly could not keep my surprise, nor pride inside myself! I was completely taken aback. Not only have we never discussed insect displays, he never even indicated he wanted to make one. And while he didn’t have the specialist tools to do it professionally, I’d say he did a damned good job regardless. I probed a bit, and he mentioned that he had seen our village’s head of education working on a similar project and had wanted to do it himself. That one moment of watching someone loving what they do was enough to spark an interest that led to two days of insect hunting, and a morning of display building. It also led to so much learning! These are the moments I look for, where an interest can be developed and explored more deeply. I don’t know anything about entomology, but I know I can partner with Hugo and learn a lot more through this experience as long as he stays motivated. We can learn together. I know that anything we try to do to learn more will be easier because of his intrinsic motivation, and that it might open doorways for other things he might be interested in.


Perhaps, while looking through a field guide, he will find the interest to read, in order to decipher more about the insects without my help. Perhaps he’ll apply any number of academic principles toward his goals to make even more displays. His questions might lead us to other experts that he can engage with socially. Or, he may end his journey with the insects at this display. But, for now he’s intimately engaged with his world, uses the tools around him, solves problems in creative ways, and makes things that defy expectations. To me, that’s more than enough. I think this is an honest childhood, one full of liberty to explore interests deeply, and one where learning is up to the discretion of the child. Perhaps one of the best things we can do for children is to simply do what we love and show them that doing what you love is not only okay, but essential.


Now, without further ado, here are a bunch of images from last week! We had some fun camping, and doing a practice setup for the summer sessions. It rained all night before a hot, and fun river play date on Sunday. We had a seriously good time though! Thanks to everyone who could attend.


閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示