PXL_20220514_010324538.PORTRAIT.jpg
kamuikids₋sticker.png

子どもたちに不思議と自由を取り戻すために

私たちは、子どもたちが”自分の物語”を書き、”自分の歌”を歌うための舞台を用意します。

いま注目されているような、”自分らしく生きる”ための時間や自由な空間は慣れないと感じる人もいるかもしれません。しかし、そういった生き方を身に付けることで豊かな人生を送ることが出来るのではないでしょうか? 

”Kamui Kids”は自由な遊びができる環境、そして子どもたちが足を踏み入れた瞬間から、新しい知識を得るために必要な「驚き」を育む場です。

 

提供するのは成長を促す刺激的なチャレンジ。カムイキッズでは一日として同じ日はありません。

 

私たちは一人ひとりを尊重し、子どもたちは自分のペースで興味や関心をより深く探求する。そういった環境の中で、子どもたちは更なる成長や学びを得ることができます。

また、新しい環境でさまざまな経験を重ねることで、自信と回復力を身につけ、自分の体と心を使いこなすことができるようになります。このような明確な自己意識はエンパワーメントされたスタッフによって育まれ、ハッピーないま、心身ともに健康的な未来にむけて貢献することができます。

カムイキッズについては、NHKのインタビュー記事からご覧ください。また、テレビのスポットライトはこちらでご覧いただけます。

​カムイキッズのプログラム

カムイキッズは、「森のようちえん」「Kikanasu English」「最上郡に自主学習センターを設立する」という3つの柱を中心に活動しています。

カムイキッズ森のようちえん

幼児期(年少から小学校6年生まで)は、自然環境の中で、バイリンガルスタッフのサポートを受けながら、自由に遊びます。

PXL_20220430_045229009.PORTRAIT.jpg

カムイキッズ Kikanasu English

※年少から小学校6年生まで 

 

子どもたちが自分で活動を選択できる機会を十分に設ける一方で、ファシリテーターがリードアラウド、ストーリーテリングセッション、クラフト/クッキングセッションなどの言語学習活動を子どもたちと一緒に行っています。しかし、子どもたちが好きなように自分を表現できるようにする、という約束は決して崩しません。キカナス・イングリッシュは、子どもたちが「子どもであること」を深く理解し、自分に合った方法で英語を体験できる「英語漬けの環境」を提供します。

9_1.11.1.jpg

最上郡に自主学習センターを設立する

私たちは近々、最上郡地域のオルタナティブラーニングセンターについて話し合いを始めたいと考えています。その話し合いに参加したい、あるいは新しい展開や情報を入手したいという方は、ぜひ私たちにご連絡ください。

PXL_20220430_013838098.MP.jpg

チーム紹介

1658284245899-12.jpg

ラーワーフレッド

共同設立者

ファシリテーター

  • Line
  • Facebook
  • Instagram

アメリカ、ウィスコンシン州出身。ウィスコンシン大学マディソン校にて、日本語および東アジア文化の学士号を取得。モンタナ大学でシステム生態学の理学修士号を取得。千葉県で5年間、高校生に英語を教え、群馬県と山形県で3年間、早期学習者に英語を教えた経験を持つ。現在、日本の子どもたちの生活を向上させるために、幼児教育、幼児心理・発達、野外教育について研究している。

PXL_20220729_040036776.PORTRAIT.jpg

伊藤亜弥

共同設立者

ファシリテーター

    • Line
    • Facebook
    • Instagram

    宮城学院女子大学発達臨床学科卒。 保育士資格/幼稚園教諭免許 J-SHINE小学校英語指導者資格有り。 在学時〜2020年にかけて オーストラリア、スウェーデン、 ニュージーランドにて 現地での幼児教育を経験し、 日本では保育所や学童で勤務、 英語講師としても活動しました。 これまでの経験を通して、森のようちえんや アウトドア教育、英語を融合した 教育を目指し活動中です

    CHihiro.jpg

    ラーワーちひろ

    顧問・協力者

    • Instagram

    群馬県前橋市出身。2人の男の子のママであり、元幼児保育士で、子どもに関する深い洞察力と知識をお持ちのちひろさん。イラストレーションと絵本に情熱を傾け、華やかな絵画とイラストで世界を彩ることを生業としている。3冊の絵本の著者兼イラストレーターであり、山形県内でも多くのイラストレーションプロジェクトに協力している。現在、山形県立博物館改修の有識者として活躍中。幼児期に対する洞察力と、人生に対するクリエイティブなアプローチで、私たちのチームにとって貴重な存在となっています。

    Sennin.jpg

    米仙人

    顧問・協力者

    • Facebook
    • Instagram

    米仙人は、希有な目的意識を持った特異な人物であり、それが彼の人生における情熱の原動力となっている。子どもたちにとってより良い世界を作るために、無肥料・無農薬の自然栽培で米作りに励んでいます。彼の田んぼは、しばしば私たちの最も冒険的な日々の舞台となり、子どもたちを歓迎する彼の親切なアプローチは、私たちのチームの人気者になっています。また、子どもたちを温かく迎え入れ、親身になって相談にのってくださるので、私たちの人気者です。アウトドア、農業、川、そして楽しい生活など、彼の大好きなものを子どもたちに紹介するのが大好きなのです。